3月から4月にかけてとても忙しかったし、今もやなねばならぬことは山積みです。
僕は自営業なので暇なのはよくないし、忙しいに越したことはないんだけれども、度が過ぎたり納期が迫ってきていたりするとやはり焦ってくる。

忙しく、やることがたくさんある時はやならきゃ行けないことにばかり意識が行き、そんな状態が続くと頭の中が忙しさに支配され気持ちに余裕がなくなってくる。ピリピリした雰囲気になってくる。
休憩しててもご飯を食べてても布団に入っても「あれしなきゃ」「これもやっとかなきゃ」「いつ頃までにはできるかな」なんてことばかり考えちゃってただでさえキャパシティーの小さな頭の中が忙しさで埋まってしまう。

先日、忙しさのピークというか納期や期限の決まったことに目処がつき、そして偶然にも出先でやることがない状態になり、ぼーっとしたりしてゆっくりしていた時に友達が進めてくれた本を読んでいた。
特にこれといったことが書いてあるわけじゃないエッセイに似た小説だったんだけど、夢中になって2時間ほどで読み切ってしまった。内容が面白かったのもあるけど、頭が「忙しい」という呪縛でカチカチになった状態から解放され、少しずつほぐれて心地よくなって気持ち良かった。

忙しい時は気をつけてても一人で忙しさにきりきり舞いになり、ピリピリしてしまう。
能力も修行も足らないんだなーと思うんだけど、そんな足らない部分も僕なの仕方ない。
仕方ないけどやっぱり頭が忙しいに支配されてては楽しくないんだ。
楽しくなければ嫌なことはより嫌になるし、好きなことだって面白くない。
だからどんなに忙しくても忙しさに支配されないようなやり方を見つけれるといいんだろうし、「忙しいです」なんて言わずに「いやー毎日楽しいですよ」って余裕を持って言えるようにしてたいな。

それにはやっぱり当たり前のことだけど、事前にしっかり計画や準備をしとかないといけないし、実力をつけて見通しが今よりも立つようにしなくちゃだけど、やるべきことだけに目を向けず余裕を持って取り組むことが大切だよね。
わかっててもなかなかできないけど、ピリピリしてる時はそんなことすら見失っちゃうから要注意。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly