• soso

  • about

    楽しくも苦しくも嬉しくも悲しくもおいしくもほろ苦くも
    散らかることも汚れることもある、綺麗だけじゃ収まらない、
    田舎には田舎の、
    都会には都会の、
    平凡な街には平凡な
    苦行のような、青春のような
    誰もの「生活」

    そんな「生活」と寄り添いながら僕らなりの見つけたヒントから生まれてくる喜びを
    時に「もの」に
    時に「ことば」に
    時に「体験」と共に
    少しでも届けば

    どんなに素敵なんだろう

  • NEWS

     

    12/4.5.6 soso臨時休業

    has 12/7-14

    soso日替わりイベント詳細

    has closing party 12/15

     

     

  • 木全ゆきこインスタグラム

  • 通信販売について

    制作している商品は時に微妙に、時に大胆に形が異なります。

    一人一人性別、容姿、年齢、性格が違うように、作ったもの一つづつが異なります。

     

    その違いを見てくださる方一人一人が自分の何かと照らし合わせて見てくださったり、小さな違いに大きな価値を見出したりしてくださる姿も作品の一つと考えています。

     

    そんな小さなモノや出来事の積み重ねで出来上がった全体が私たちの作品だと考え、その世界の中からその方ご自身にとってのベストを見つけてもらえることや、悩んでる最中や選び終わった後その表情を拝見したり、お話しをしている時にface to faceでのやり取りに一方的ではあるかもしれませんが大きな喜びを感じます。

    そんな考えのもと、私たちの商品は通信販売を行っておりません。

    また現在少しずつではありますが各地にこんな私たちの考えをしっかり受け止めて理解してくだるお取引店を増やしていきたいと思っております。
    いつの日かみなさまのお近くの地域でも実際に手に取っていただきながら見ていただける機会を作れるよう努めていきますのでご理解のほどよろしくお願いします。

     

    表札及びその他のオーダーについて

    メールでのオーダーはお断りしています。

     

    日々、悩み、もがき、足掻きながら僕自身がワクワクするようなものを制作したいと努めています。


    もちろんお客さんや友達、妻や子供達に喜んでもらうのも嬉しい事なんですが、工房で制作している時や完成した時、思いがけない魅力を見つけた時にニヤニヤしたり、一人で「やるねー!」と自分をおもわず褒めたりすることがあります。
    そんな瞬間がとびっきり至福なのです。


    そしてその体験や気持ちを僕以外の方とも共有したいという思いで商品として販売もしています。

    今の仕事をしているのはこのことが大きいように最近では強く思うのです。

     

    僕が作るものは定番であっても1つ1つ形が違います。
    それも明らかに。
    それは意図しているものでもあり、意図せずそうなってるものもあります。
    誰もがそれぞれが違うように、また1人の「人」の中の気持ちもその一瞬一瞬、絶え間なく揺らぎあるように、切り取られた一瞬ではなく、その全体で僕自身の表現になっていけばと願っていますし、そうなるように日々努力し、制作をしています。

     

    オーダーもその考えの延長上にあります。
    オーダー制作である以上、僕個人の考えだけではなく、お客様のイメージやご希望が最も重要な要素になってきます。
    そのためオーダー制作の場合、直接お会いすることを前提にしており、そのためメールのみでの制作はお断りしております。

     

    少し前のことになりますが、関東近辺でのオーダーご希望の方が複数名いらしたので20代の時に一人で海外旅行に行っていた際に使っていた大きなバックパックにサンプルや定番の商品を入れれるだけ入れ、昔に戻ったような、行商のような、何だか楽しい気持ちで東京に出張しました。

     

    メールでのオーダーを受けないのは不便で非効率です。
    現に僕自身も新幹線代を払い、旅行を兼ねてと思いつつも、個人的に行きたかったところはたくさんありましたがほとんど行けず、多くの時間が打ち合わせに費やされました。
    けれども不思議と充実した有意義な時間でだったのです。
    きっとこの気持ちはお会いした方々のプランを考える時や制作時、発送時に思い出され、その都度充実した気持ちにさせてくれると思います。

     

    僕の仕事は生活をしていくためのものではありますが、それよりも自分の人生を楽しむためのものだと考えています。
    こんな考えでやっていると大変な事は山ほどあります。というか大変なことしかありません。
    それでもその合間合間に一瞬にやってくる驚くような嬉しい出来事が本当にたまらないのです。

     

    こんな考え方でオーダーを承っております。
    遠方の方になればなるほど直接の打ち合わせが負担になったり、難しいことだとは重々承知しています。
    また僕の考えに納得できない方もいらっしゃることでしょう。
    このやり方が正しいかどうかは正直わかりません。ただこんな悪条件にも関わらずそれでも僕にとおっしゃってくださる方には全身全霊で制作したいと心を動かされます。

     

    お問い合わせはお気軽にしてくださって大丈夫です。
    可能な限りお応えします。
    今回は東京に行きましたが、個人的には北海道でも沖縄でも離島でも海外でも、まとまった数の依頼やタイミングがあれば行きたいと思っていますし、場合によっては一件のお問い合わせメールによって行きたくなってしまうかもしれません。

    またいつどこでお声が掛かるかわかりませんが、展示を行いにどこかの街にいくかもしれません。


    その全ては目には見えない未来の縁のものだと思います。もし"いつの日か"なんて気長にお待ちいただける方はその旨をお伝えいただければ僕の中にいつか行きたい街としてしっかりと候補に入れさせてもらいます。また急に行けることになった場合は無理を承知でメールを送らせてもらったりしますので遠慮なくメールをお送りください。

     

    長々と書いてしましましたが楽しく作り、それを他の方と共有して喜んでいければ本当に幸せだなーと思ってます。
    そんな方と1人でも多くお会いしたいと願っておりおます。

     

    木全俊吾

     

     

  • トーストバンド

    life is beautiful

    トーストバンド始まるよ

  • WeekEnd工務店

    20代後半くらいから誰も使わなくなった山奥にありそうな古いお家を自分で改修して住んだり、小屋などを増築出来たら楽しいだろうなーとおぼろげに考えていた。その頃持っていた工具といえばノコギリ、金槌くらいで電動ドリルすら持っていない。今の僕がその頃の僕に会えたなら「悪いことは言わない、まだ若いから大きなことから考えず今できることからコツコツやりなさい。君は自分が思ってるよりも何もできないよ」と忠告するだろう。それだけ自分のできることよりやりたいことしか目を向けない大きな無謀ににも似た野望を抱いていました。
    その野望のお陰か?紆余曲折しながらも今の僕がいるのも事実で人生ってどんな形で転がっていくのかわからないなーと面白く感じています。


    これまで僕の制作の歴史はカトラリーやトレーなどの小物から始まり、ハンガーラックやオープン棚の簡易的な家具、食器棚やダイニングテーブルなどの本格的な家具と少しずつ自分のできることをお客さんのご要望に合わせて増えてきました。どれも未経験の中からたくさん悩んでたくさん失敗してきた成果です。そうです、20代後半の僕に見せてやりたい道程であり、僕が必死に歩んできた証なんです。その道程は僕の誇りでもあります。


    10年以上経って、やっとお家の改装もじっくりやればできそうな自信がついてきました。
    もちろん自宅は少しずつ作り付け家具や建具の制作など行って来ましたが、自宅とお客さんのお宅を施工するのではプレッシャーの度合いが全くことなります。そのプレッシャーにもしっかりと向き合えるメンタルも育ってきているんだと自負できるほどになってきました。

     

    そこでsosoの新しい事業として「WeekEnd工務店」を立ち上げました。

     

    古い部分を綺麗に改装するのはもちろん、洗面台や建具などをオーダーで制作し取り付けや外構のフェンスの施工など僕の出来ることを中心にお家がますます好きになるお手伝いをできれば嬉しいです。
    でも普通の工務店のようなことを期待しないでくださいね、だってWeekEndってついてるんです。
    日曜大工よりは本格派、本職よりもきっちりしずにゆるやかってこと。
    一緒に考えて悩んで想像して、お互いアイデアを出し合いながらワクワクし合えたら素敵だからそんなスタイルで進めていきます。
    また、小さなお店を始めたいけどどうすればいいの?なんて考えてる人の相談に乗るのもWeekEnd工務店の大切な業務になっていくんじゃないかな?なんて想像もしています。
    カトラリーやトレーを見に来るついでにちょっと話聞いてみようかなーってくらいの軽い気持ちで相談できるのも特徴になっていくはずなんです。
    もちろん僕の未経験のものや新築の施工など、一人では難しいものもあるかもしれません。曖昧なお返事はかえってご迷惑になるのではっきりできませんとお答えするものもあるかもしれませんが、周りの仲間に助けてもらいながらできる限りみなさんのお気持ちに応えていきたいと考えています。

     

    色々書きましたが、これまで同様少しずつみなさんの要望に合わせて育っていく事業です。
    あまり難しく考えず世間話の延長みたいな気持ちでご相談していただけると嬉しいです。

     

  • お問い合わせ

    〒491-0112 愛知県一宮市浅井町東浅井字森下10
    水木金(事前予約で土曜も営業可)
    11:30-16:00
    0586-78-2353
  • 取扱店

    グリスーリ

    千葉市稲毛区稲毛台町12-12


    こづつみ
    愛知県西尾市吉良町下横須賀柳原18

     

    びわ

    福岡県福岡市中央区平尾2-17-21 2F

     

    Ryoku

    岡山県倉敷市田ノ上896-3

    All Posts
    ×